かっちゃんのちいさな旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 金華山黄金山神社

<<   作成日時 : 2017/03/12 15:12   >>

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 0

3月5日(日)

金華山の黄金山神社に行ってきた。

画像
鮎川浜シードリーム桟橋


牡鹿半島の鮎川浜から20分乗船で、金華山桟橋に到着。


画像
黄金山神社の鳥居
左が海、右が崖、鳥居をくぐり参道を登っていく。



画像
3.11で被害を受けたと思われる急峻な崖には、命綱のロープが張ってあり伐採された樹木の株が残っていた。



画像




画像
”鹿飛び出し注意”の幟
鹿は神様のお使いなので保護されています。当然ヒルも多いそうです。



画像
写真だと迫力が出ないですが大木が多く見られた。後ろに鹿除けネットが見える。



画像




画像
芸術的な木



画像




画像





画像
鳥居の奥にまだまだ階段が続きます。



画像




画像
ご本殿


ご本殿前で黄金山神社神職『権禰宜』(ごんねぎ)の方のお話を聞くことができた。
以下はそのお話です。

ご本殿は明治30年に建てられたが、M9の大震災でも倒れなかった。

鹿は伝説によると鹿島(茨城県)から飛んできた。奈良にも飛んで行った。
現在は440頭、人の手を加えなくても300頭から600頭の間を推移している。

神社には16人の神職がいて、住民票があるのは3人、郵便も届く。

かつては女人禁制であったが、明治2年に解除された。



画像
常夜灯
3.11で倒れたが再建された。



画像
房に5円玉が結んである。




画像
4本のカーブした木は太い木を加工したもので、曲がった木を使ったわけではない。


ご本殿を辞して境内を散策します。

画像
銭洗い所  100円玉を洗っているお母さん



画像
左が恵比須さま、右が大黒さま



画像
巾着の賽銭箱を背負ったカメさん 重くないですか?



画像
樹齢800年の欅のご神木



画像
中は空洞



画像
黄金山神社から海を観る。



画像
鹿の親子 後ろにポストがある。

金華山にはサルもいるそうですが見かけなかった。

「三年続けてお参りすれば一生お金に困ることはない」という言い伝えがあるそうです。


東日本大震災から6年が経ちました。

牡鹿半島を訪れるのは3度目です。

新しい家が建ち始め復興が進んできている感じはするが、空き地や荒れ地があちこちに見かけられた。

また、常磐道から見た南相馬付近は、人が住めなくなった家、あちこちに積み上げられた汚染土に暗い気持ちになった。

本当の復興はまだまだと感じます。







アナと雪の女王 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アナと雪の女王 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 26
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
金華山黄金山神社 かっちゃんのちいさな旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる