かっちゃんのちいさな旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 南千住歴史散歩

<<   作成日時 : 2017/10/29 18:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 4

10月24日(火)

南千住は江戸から日光へ通ずる日光道中最初の宿場町であり、西側地域には歴史の跡が多く残っており前々から訪れたい街でした。
ボランティアガイドさんの案内で南千住に歴史散歩に行ってきました。

コース
JR南千住駅・・・回向院・・・延命寺・小塚原刑場跡・・・浄閑寺・・・円通寺・・・旧千住製絨所煉瓦塀・・・素盞雄神社・・・JR南千住駅

画像
南千住駅前の芭蕉像
元禄2年(1689)3月27日、松尾芭蕉はここ千住の地から奥の細道の旅へと出立しました。
               行く春や 鳥啼き魚の 目は泪



小塚原回向院
画像
安政の大獄で処刑された吉田松陰、橋本左内ら幕末の志士の墓、鼠小僧次郎吉、高橋お伝らのお墓があります。
吉田松陰の墓のすぐ隣にある橋本佐内のお墓は墓石だけで戒名は刻まれていなかった。帽子は脱いでお寺の中に入りました。



画像
回向院・観臓記念碑
杉田玄白や前野良沢らがここで刑死者の解剖見学をきっかけに「解体新書」を翻訳したことから、近代医学発祥の地として観臓記念碑が建てられました。
これはレプリカだそうですが、本物がどこにあるか聞きそびれました。



延命寺・小塚原刑場跡
画像
首切り地蔵
小塚原は品川の鈴ヶ森と並ぶ江戸の刑場で明治13年に廃止されるまで、磔(はりつけ)、斬首などが執行されていました。ここで処刑された人は約20万人と云われている。
死体は申し訳程度に土を被せただけだったので野犬やカラスに食い荒らされたという。ここも帽子は脱いでお寺の中に入りました。



画像
小塚原刑場説明文
詳しく書いてありますので拡大して読んでください。



浄閑寺
画像
安政2年(1855)の大地震で犠牲となった、新吉原の遊女達の遺体が投げ込まれたと伝えられ、「投込寺」とも呼ばれるようになりました。遊女たちは隔離されていたので火事の時逃げ出せなかったのです。遊女の年齢は15歳〜25歳くらいまでで、年季は10年であるが、年季明け前に亡くなった遊女も葬られていている。




画像
浄閑寺・新吉原総霊塔
新吉原創業から廃業まで江戸、明治、大正、昭和と380余年間に遊女、遊女の子、やりてばばあなど遊郭関係や、安政、大正の大震災に死んだ者を含め浄閑寺に葬られたその数およそ25000という。




画像
総霊塔に刻まれている花又花酔の川柳

                    「生まれては苦界 死しては浄閑寺」



画像
浄閑寺・ひまわり地蔵
山谷で働いていた日雇い労働者の、死後の安心と安らぎのために建立されました。



画像
浄閑寺・小夜衣(さよぎぬ)供養地蔵尊
「悪いところをなでると良くなる」との言い伝えがあり山門前に立っています。
なでてきましたよ。どこをなでたかは内緒です。

遊女「小夜衣」の話
京町1丁目の四つ目屋善蔵の抱え遊女、小夜衣は女主人に放火の罪をきせられ火あぶりの刑になりました。ところが、一周忌、三回忌、七回忌のたびに廓内から火が出て四つ目屋はいつも全焼、ついには潰れてしまいました。廓内の人が集まって霊を慰める仏事を行ってからは年忌ごとの火事はなくなったそうです。



円通寺
画像
聖観音菩薩像
両側の階段は何かと思ったら、「掃除がしやすいように」造られたそうです。
円通寺は791年(延暦10年)、坂上田村麻呂によって開かれたと伝えられている。



画像
円通寺・上野寛永寺の黒門
慶応4年(1868)、上野戦争で戦死した彰義隊士を現在の上野公園の西郷隆盛像があるあたりで、この寺の住職が火葬したのが縁でここに移設された。
弾痕が残っていますので拡大してご覧ください。



旧千住製絨所煉瓦塀
画像
千住製絨所は殖産興業をすすめる明治政府が建てた、日本初の官営毛織物工場でした。後に、陸軍の工場となり軍服や警察官の制服生地を製造していました。4〜5年前はこの塀はつながっていたそうですが、スーパーができてこのようになりました。地元の人たちが反対してこれだけ残ったそうです。



素盞雄(すさのお)神社
画像
これまで重い内容のところを見学してきましたが、七五三シーズンのこの神社にきてやっと心が和みました。神社というとを想像しますが、素盞雄神社はの名所で5月が素晴らしいそうです。街路樹には桃が植わっていました。



画像




画像




画像
傘みくじ



画像
一番右が傘みくじ 200円



画像
絵馬鈴なり



画像
 



画像
素盞雄(すさのお)神社の紋は”輪切りにしたきゅうり”だそうです。



ボランティアガイドさんから虹色エンピツいただきました。
画像
また来てね! 都電とバラと 俳句のまちへ



画像
虹色エンピツ拡大



画像
いらっしゃい! ほっとした町 荒川区



画像
虹色エンピツ拡大



南千住駅に戻って今日のちいさな旅はおしまいです。

都電荒川線にも乗ってきましたので後日UPします。 


今日の歩数:15000歩  距離 9.3キロ  燃焼脂肪量62g 






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 26
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
南千住の歴史散歩ですか、いいですね。
私も歴史は好きで、
神戸近郊では、三木合戦で織田氏と別所氏の戦いがあり、この兵糧攻めは、三木の干殺し(みきのひごろし)として全国的に有名で、その街道筋も歩けるんですよ。
鵯越の逆落しに向かった義経はどのような道を進んだのか、その足跡を辿った事もありました。
歴史では、57件を投稿していて、ジャズよりも多いんです。
いきなり脱線してしまいましたが^^:
小塚原では、
磔、斬首などで処刑された人が約20万人ですか。
それを野犬やカラスに与えるだなんて、江戸時代とは言え、酷い事をしていたんですね。
焼死した遊女の悲劇とか、遊女「小夜衣」の怨念とか、悲しい物語です。
七五三で和ませて頂き、ほっとしました。

色鉛筆で、塗り絵が出来たらアップして欲しいです。
アルクノ
2017/10/30 18:19
こんばんは。
歴女のかっちゃんには素晴らしいコース
ですね、内容は悲しいですが「ひまわり
地蔵」さんのお顔を見ていますと”ほっと”
致しましたよ。

道の駅「木更津うまくたの里」へ6日に
訪問の予定です。
たかちゃん
2017/10/31 20:31
アルクノさん
アルクノさんも歴史がお好きだったんですね。
犯罪者でもキチンと埋葬しておけば野犬やカラスに荒らされなかったのにと思います。
50年以上前の吉展ちゃん事件ご存知ですか?
回向院には吉展地蔵尊があり円通寺は吉展ちゃんが発見されたお寺です。
これはブログには書けませんでしたが・・・
遊女の話も悲しいですね。
そうかー、一本のエンピツで塗り絵できちゃいますね。
かっちゃん
2017/10/31 22:10
たかちゃん
遊女の歴史は悲しいですが、「ひまわり地蔵さん」がかわいくって和みますね。
道の駅「木更津うまくたの里」は最近できたばかりなのですね。
ご夫婦で1泊ですか。poniesさんのブログ拝見させていただきますね。
かっちゃん
2017/11/01 14:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
南千住歴史散歩 かっちゃんのちいさな旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる