ホトトギス

ホトトギスというと一瞬、鳥?花?、今日はご近所の農家のお庭で見つけた花のホトトギスをご紹介します。
漢字で書くと杜鵑草、油店草、難しいですね。花言葉は「秘めた思い」「永遠にあなたのもの」、ここまではいいのですが、英名は何と「がまガエルのユリ」、がっくり
東アジアを中心に20種ほどが分布するが、そのうち半分が日本に自生しているそうです。
花のホトトギスは、花についている斑点のもようが、鳥のホトトギスの胸のもように似ているところから、この名がついたそうです。実は本物の鳥のホトトギスを見たことが無いのですが・・・
赤いホトトギスはよく見かけますが、白いホトトギスは初めて見ました。
画像
白い花は斑点がない「白楽天」という品種だそうです。清楚な花で一目惚れしちゃいました。
黄色い周りに青があったら春に咲くシャガに似ています。シャガは中国からの帰化植物で高尾山の斜面にたくさん咲いていました。

画像
後ろのボケは赤いホトトギス、紅白入り混じって咲いていました。

画像
斑点のある白いホトトギスもあるのでしょうか?
風の強い日だったのですが、撮影はいつもながらやぶ蚊との戦いです。農家の方にお借りした渦巻きの蚊取り線香を腰にぶら下げて、一安心。
防虫リングとかスプレーよりもこれが一番効きます。

画像
葉蔭にはおんぶバッタが。

画像
よく見かける赤いホトトギス

画像
この花はたくましくて抜いても抜いても根っこが残って毎年生えてきます。
白だったら絶対抜かない。

画像
秋のお庭にはホトトギスといっしょに赤のミズヒキも、白のミズヒキもたくさんありましたが地味なので、赤に軍配を上げます。


↓読みました。映画にもなりましたよ。
ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)
幻冬舎
細川 貂々

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

2011年10月26日 23:48
ご心配をおかけしていましたが
なでしこJAPANの熊野化粧ブラシが届きました。
私には分かりませんが
妻が大喜びでした。
2011年10月27日 21:05
白いホトトギス、初めて見ました。
ホント美しいですね。
よく見かけるホトトギスも好きです
2011年10月27日 22:40
清兵衛さん
奥さま喜ばれてよかったですね。やっぱり注文殺到で品薄だったのでしょう。
ありがとうございました。
2011年10月27日 22:52
ちゃたろうさん
お花に詳しいちゃたろうさんも初めてだったのですね。
このお宅にはしょっちゅうお邪魔しているのですが、初めて気が付いたのです。ピンクの彼岸花といい白いホトトギスといい、発見はワクワクです。
独人
2011年10月29日 07:11
ホトトギスという名前だったんですね。
一列に咲いているのがかわいくて私も赤を撮りました。
がまがえるのユリってくらいだからユリ科!?
ユリの種類は個性的。その魅力にとりこになりそうですね。
清楚な白は本当に綺麗です。
ミズヒキの季節なんですね。白のミズヒキさえ多分見た事がないです。
2011年10月29日 21:11
独人さん
写真を撮るようになってから植物にも注意が向くようになりました。この時期里山に行くと、ミズヒキをたくさん見かけます。圧倒的に赤が多く、名前は祝儀袋の紐からきているようです。

この記事へのトラックバック