かっちゃんのちいさな旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 常念岳〜燕岳 2/3

<<   作成日時 : 2018/08/16 22:31   >>

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 2

8月7日(火)

コース
常念小屋・・・大天井岳・・・燕山荘泊

画像
朝の常念小屋 5:50スタート


常念小屋(2460m)から横通岳(2767m)まで朝から急登だ!
横通岳の頂上は踏まず、下の道を通る。


画像
過酷な環境で咲くコマクサ 見ごろを過ぎている。



画像
タデ



画像
一瞬ガスがかかって3羽のライチョウさん発見
1はお母さん、2、3は子供 クリックして大きくしてご覧ください。



画像
ウサギギク



画像
チングルマの綿毛、黄色い花は何だろう?



画像
チングルマの綿毛&ハハコグサ?



画像
エゾシオガマ



画像
槍が姿を現す 槍と富士山はどこから見てもわかる。



画像
大天荘 標高は常念岳(2857m)より高い2870m



画像
大天荘 以前は町営だったらしいが今は燕山荘グループ。



画像
大天井岳(おてんしょうだけ)頂上 9:30 
バックは槍、さすが表銀座だ、ながめがいい。 
標高2922mは常念山脈の最高峰 大天荘から頂上まで歩いて10分。


画像
大天井岳頂上の祠 気持ちだけお賽銭あげる。



大天荘から喜作レリーフまでの急な下りは危険がいっぱいだ。登ってくる人は老いも若きも汗びっしょり、登りの人に道を譲るので20分のところ40分かかった。渋滞なしでも私の足で20分で下るのは無理。



画像
喜作レリーフ

小林喜作は、大正9年(1920)ごろ、槍ケ岳が最も美しく見え、高山植物が出迎える中房温泉から槍ヶ岳の縦走路コース「喜作新道」を切り開いた。喜作があたかも銀座を歩くかの様に歩いたことから、いつしか「北アルプスの表銀座」と呼ばれるようになった。
喜作は、80キロにもおよぶ重い荷物を担いで3,000メートル級の山々へ荷を上げ、驚くほどのスピードで走るように山谷を駆けめぐっていた山のスーパーマンだった。



画像
来た道を振り返る。



画像
サルとの遭遇



画像
ライチョウの砂浴び



画像
ニッコウキスゲ



画像
シシウド畑



画像
タンポポに似た花
カンチコウゾリナ、ブロ友”山ちゃん”に教えていただきました。



画像
トリカブト(紫)&カンチコウゾリナ



画像
ハクサンフウロ



画像
大下りノ頭 13:20
ここへの登りきつかった!燕山荘まであと一息!



画像
ガスの中に突然現れた燕山荘 14:40 標高2704m
ビール小ジョッキ600円、紅茶ケーキセット950円で一服する。



画像
夕食



画像
燕山荘オーナーのホルン演奏(5分くらい)


日陰がないので暑かったが、時折ガスがかかると涼しくなってホッとした。

ガスのおかげでライチョウさんにも会えた。

行動時間:8時間50分

・・・つづく・・・





おれたちの頂 復刻版 (ヤマケイ文庫)
山と渓谷社
塀内夏子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 28
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
大天荘は同じルートで最初に泊まった小屋で、こんなに立派じゃなかったです(^_-)-☆
ガスで展望がない分、雷鳥に逢えるのは嬉しいですね。それも、砂浴びまで見られるとはラッキーでしたね^^

黄色い花は小さくて判りません。シオガマはエゾシオガマです。タンポポに似た花は茎が見えませんが、カンチコウゾリナのように見えます。
山ちゃん
2018/08/18 17:27
山ちゃん
エーッ、同じルートで初めて泊まった小屋が大天荘ですか
さすが「かもしか走りの山ちゃん」、とてもまねできません。
大天荘は町営から燕山荘グループになったので新しくなったのでしょう。立派でした。
ライチョウの砂浴びを見るのは初めてです。雛もお母さんの真似をしていてかわいかったです。
お花の名前ありがとうございます。追記しておきます。
かっちゃん
2018/08/19 11:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
常念岳〜燕岳 2/3  かっちゃんのちいさな旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる