西湘二宮・吾妻山 136m

1月19日(土)


神奈川県二宮町の古社・古刹を巡り、菜の花が満開の吾妻山からは富士山がバッチリ見えました。

二宮駅・・・等覚院・・・一里塚・・・西光寺・・・川匂(かわわ)神社・・・吾妻神社・・・浅間神社・・・二宮駅

二宮駅スタート 9:30

等覚院
画像
六地蔵、奥に鐘楼
等覚院は旧東海道沿いにあり、白藤が有名で「藤巻寺」とも呼ばれている。



画像
釣鐘の下の畳は、釣鐘が落下した時飛び散らないないように置かれているのだそうです。ネットで囲ってあって釣鐘の下には行けないようになっている。釣鐘の下で修行する訳ではないのです。



画像
東海道一里塚の跡
国道1号線沿いにあり、新年には箱根駅伝の選手がこの松の後ろを駆け抜ける。



画像



西光寺
画像
道祖神



画像
E.T.みたいな羅漢様



画像
「念ずれば 花ひらく」と書いてあるのでしょうか?



画像
ロウバイ


川匂(かわわ)神社
画像




画像




画像
随身門



画像
うれしいお接待!



画像
お茶のお接待も!



画像
富士山も見えちゃった。

すっかり気分を良くして川匂(かわわ)神社を後にした。



画像




画像
吾妻山から富士山 11:40
菜の花の上はサクラ、3月末になったらサクラと菜の花のコラボが見られるかも・・・


頂上の芝生広場は大変な人、人、人でした。ランチタイム



画像

吾妻山公園は1月~2月は菜の花、4月はサクラ、5月はツツジ、6月はアジサイ、7月~8月はコスモスなど、四季折々の花を楽しめる。



画像
マユミの実 遠くから観たらピンクの花のように見えた。



画像
マユミと富士山



画像




画像
吾妻神社
創建は第12代景行天皇(在位西暦71~130)
景行天皇の第2子、日本武尊が東征の折り浦賀水道で暴風にあい、それを鎮めるためその妃である弟橘姫命が入水し、その後弟橘姫命の櫛が流れ着き、それを祀ったのがこの神社とされる。
東北平定の帰路、日本武尊が東の海を眺めながら「あづまはや(吾が妻の意)」と嘆き、亡き妻を偲んだところから吾妻山と呼ぶようになったという。

この話は2017年11月に矢倉岳に登った時、足柄峠の説明文にも記されていた。
https://nano87-batake.at.webry.info/201711/article_4.html



画像
浅間(せんげん)神社
今からおよそ800年前、 曽我兄弟の姉・花月尼は、仇討ちの成功を富士浅間神社に祈り、兄弟が見事に父の仇・工藤佑経を討つと、自身の住居前の吾妻山に浅間神社を祀ったという。・・・説明板より抜粋・・・

二宮駅ゴール 14:00





今日の歩数:20400歩  距離 13.2キロ  燃焼脂肪量43.3g




↓観ました。
南北戦争以前、北部の自由黒人だったソロモンは拉致され奴隷として売られるが、12年後奇跡的に救出された実話。米国の暗部が生々しく描かれている。

それでも夜は明ける [DVD]
ギャガ
2016-02-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 31

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック