「蔵の街」栃木を歩く 1/2

1月25日(金)

小江戸とも呼ばれる「蔵の街」栃木に行ってきました。

蔵のある街並みを散策して、巴波川(うずまがわ)遊覧船に乗りたかったのです。


蔵の街遊覧船


画像

乗船時間:20分 

乗船料 大人:700円

乗船券を持っていると1日に何回でも乗れるそうです。



画像
餌を目当てにカモが付いてきます。



画像
『栃木河岸船頭唄』(とちぎかしせんどううた)や説明を聴きながら街並みを眺めます。



画像
菅笠とひざ掛けを貸してくれました。水の上でも風がなかったので寒くありませんでした。



画像
幸来橋の鯉のモチーフ
巴波川の鯉は殆どが真鯉なので地味です。


舟を下りてから巴波川沿いをブラブラ歩きます。

本当はボランティアガイドさんお願いしたかったのですが、6人のグループだったので「10人以上でなければダメ」、と断られてしまいました。

画像
竹筒の中には電球が入っています。



蔵によって窓の扉が違うことに気が付きました。

窓の扉に注目してご覧ください。


画像




画像
赤い縁取りの窓は現代的でおしゃれな感じ。気に入っちゃった。



画像
民家の松を見上げる。



横山郷土館

横山家は店舗の右半分で麻問屋、左半分が銀行を営んでいた明治の豪商でした。


入館料 … 大人 : 300円

画像
両袖切妻造り
店舗の両側に鹿沼産の深岩石で作られた蔵が、左右相対して建てられている。



画像
麻問屋の帳場



画像




画像
庭から見た男性の部屋



画像
男性の部屋  時代劇でよく見かけますね。



画像
女性の部屋 
男性の部屋に比べるとかなり狭い。月琴や琴などの稽古に使われた部屋です。



画像
明り取り窓



画像

4年前に巴波川が氾濫した時の水の跡



画像
着付けの部屋
予約すると着付けしてくれます。和服で歴史ある蔵の街並みを歩けたら絵になりますね。



画像
銀行の事務机



画像
古銭



画像
和洋折衷のゲストハウス



画像
稲荷神社



画像
正面向かって左の蔵には懐かしい道具がたくさん展示してありました。わかりますか?右の蔵は撮影禁止。



画像




画像




画像




画像



・・・つづく・・・



↓読みました。

赤い月〈上〉 (新潮文庫)
新潮社
なかにし 礼

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック