亀戸梅まつり 2/2

3月1日(金)

小村井香取神社
1165(永万元)年創建、千葉県の香取神宮の分社。

画像




画像




画像




画像




画像
本殿
本殿内には普通は入れないが、今日は特別に入ることができた。
元教師の宮司の方のお話を聞き、平成24年に完成したという天井絵を見せていただいた。(撮影禁止)
香取神社の名前の由来は舵取り(かじとり)からきているそうです。



画像



画像




画像




画像




画像
メジロ 18-135mmではこれが限界、望遠持ってくればよかった。



画像




画像
香梅園
小村井香取神社境内の一画に江戸時代にあった梅の名所「小村井梅屋敷梅園」が再現されている。
入ってみましょう。

画像
花びらと椿



画像




画像




画像




画像



亀戸香取神社
665年、藤原鎌足公が東国下向の際、香取大伸を勧請し旅の安泰を祈り神徳を仰ぎ奉ったのが創建の起因。

画像
亀戸香取神社の塀には亀と大根の絵文字?が続いている。



画像
亀戸香取神社はスポーツの神様としても有名。



画像
亀戸大根の碑 
逆立ち大根です。下の方に葉もちゃんと付いている。



画像
勝石
この石に触れれば、勝ち運をいただけること、間違いなし!
多くの日本代表・プロスポーツ選手が参拝しているそうです。



画像
左、大国主  右、恵比寿神
大國神は医薬の神さま。こちらの神像で、自分の痛いところを洗い清めると、御神徳がいただけるとされている。
前からでなく後ろから水をかけるのが面白い。



画像
本殿



画像




画像




画像
香取神社参道入口
脇から入って入口から出ました。



画像
今日のお食事処
亀戸大根は江戸末期の文久年間(1861~1864)に栽培が始まり、亀戸神社周辺が栽培の中心となっていた。当時は他の大根がなかったので、江戸っ子に大変重宝がられた。




画像




画像
大根づくし



画像
あさり小鍋


画像
大根菜めし



画像
大根菜めしにあさり小鍋をかけて食べます。



画像
しゃもじ入れにも亀戸大根


大変おいしかったです。


今日の歩数:21000歩  距離 13.6キロ  燃焼脂肪量35.3g

なぜこんなに歩数が多いかというと、ガイドさんと一緒でせわしなくて写真を撮る余裕がなかったので、同じコースをもう一度歩いたからです。




白茎亀井戸大根   関東の伝統野菜品種の大根
(株)日本農林社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 28

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2019年03月08日 12:39
亀戸って大根も有名なんですね 知らなかったです 21000歩も歩いたんですかー 凄いです ゴン太には無理です 筋肉痛で歩けなくなりますね
2019年03月16日 21:39
ゴン太さん
東京は練馬大根も有名ですよね。
江戸末期まで大根がなかったって驚きでしょう?
大根って庶民の野菜で奈良時代や平安時代にもあったんじゃないかって思ってしまいます。
足が自慢のかっちゃんですから筋肉痛は大丈夫です。
しばらく留守にしておりお返事が遅くなりごめんなさい。

この記事へのトラックバック