散歩で出会ったお花たち その2

5月9日(土)

5月はコロナさえなければいい季節です。遠出はできないので、近場の散歩で出会ったお花たちを紹介します。

IMG_1133.JPG
ハナイカダ
別名:ヨメノナミダ(嫁の涙)
今はお姑さんより嫁さんの方がよっぽど強い。葉の上に花が咲いているのが面白い。
名前の由来は花筏、花の載った葉を筏に見立てたものである。


IMG_1136.JPG
ハナイカダ は落葉性の低木で、高さは1.5m-3m程度。


IMG_1139.JPG
ムラサキツユクサも咲き始め


IMG_1143-1.JPG
キンラン
当地はニュータウンの開発でキンランの生育地は狭められてしまいました。元山林だったところの公園に健気に咲いている。ギンランと共にいつまでも残っていて欲しい。


IMG_1158-1.JPG



IMG_1149.JPG
ギンラン


IMG_1153.JPG



IMG_1144-1.JPG
アカツメクサ、ヤセウツボ、タンポポ似の花。み~んな帰化植物。


IMG_1146.JPG
タンポポ似のお花畑


IMG_1148.JPG
キショウブ 驚いたことに帰化植物!


IMG_1154-1.JPG
キショウブは水辺や湿地に咲いている。


IMG_1156.JPG
タツナミソウ


IMG_1159-1.JPG
シャリンバイは道端に植えられている低木で花言葉は「愛の告白」。
シャリンバイではなく「トベラ」でした。花言葉は「偏愛、いつくしみ」、ブロ友ツユヒメさんに教えていただきました。


IMG_1160-1.JPG



IMG_1161-1.JPG
これも帰化植物だね。


IMG_1162.JPG
ノイバラ


IMG_1168-1.JPG
田植えが始まりました。


IMG_1169-1.JPG



IMG_1170.JPG



IMG_1172.JPG
シュロの葉で”ハエはたき”作りました。(親が)


IMG_1181.JPG
サクランボ かわいい
2~3日後には収穫されていました。


IMG_1183.JPG
紅葉?


IMG_1184.JPG



IMG_1186.JPG
ムラサキツユクサ

帰化植物(外来種)の多いことに驚きます。かわいい花やきれいな花は好きですが、今を盛りのオレンジ色のナガミヒナゲシは好きになれない。繁殖力が非常に強く日本の花が駆逐されてしまいそうだ。

帰化植物(外来種)の最も古いものとしてはイネ、すっかり日本固有の植物のようにみなされている。
あの新型コロナウィルスも外来種になるのかな?

日本に定着しないで欲しいよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 38

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

ツユヒメ
2020年06月10日 11:00
★ハナイカダの花、
 秋に、黒い実が一個ついているのは良く見かけますが、
 数個の花がある雄花は・・・初めて見ました。
 一つだけ花がついている雌花が・・近くにあるかも知れませんよ。
●雌雄異株の植物は面白いですね。
https://blog.goo.ne.jp/s091359/e/ac2ebf4c34302e66827ddbe02fdf8fdb

★シャリンバエの花は、トベラの花のようですね。
●雄蕊の数が違うようですよ。
https://blog.goo.ne.jp/tokkuri-bikkuri/e/206cf483b3017be1e4675c0bf6b594a9
かっちゃん
2020年06月12日 14:11
ツユヒメ さん
ハナイカダは雄花だったのですね。
今は何の痕跡もなくただの葉っぱです。
自生ではなく植えられたものなので、近くに雌花はありませんでした。

シャリンバイではなくトベラでした。
ご指摘ありがとうございます。
追記します。