雪入山 345m

8月2日(日)

雪入山の百体磨崖仏を見に行ってきました。

コース
上佐谷バス停・・・ふれあいの里公園・・・パラボラ山・・・剣ヶ峰・・・雪入山・・・浅間山・・・百体磨崖仏・・・上志筑北バス停

上佐谷バス停スタート 8:33
バスを降りてふれあいの里公園までは1時間の車道歩きです。

IMG_1557タイワンコマツナギ.JPG
タイワンコマツナギ

ふれあいの里公園では子供たちの「苔玉つくり」が行われていました。

IMG_1561-1.JPG
ふれあいの里公園の鉄琴?


IMG_1563.JPG
鉄琴?はスプーンでたたきます。下の段を叩くと「夕焼け小焼け」になりました。

いやしの里登山口から稜線までの登りは両側がアオキのジャングルの急登です。

登りきるとパープルラインに突き当たり平坦な道を歩いてパラボラ山に着きました。

IMG_1564-1パラボラ山.JPG
パラボラ山 11:41 
日陰がないのでサッサと通過し、樹林帯の中の平坦な道を歩き続けると剣ヶ峰広場です。


IMG_1565.JPG
剣ヶ峰広場 11:54 
ここは天然のクーラー、心地よい風が吹いており生き返りました。
展望を楽しみながらランチタイム。


IMG_1567-1.JPG
雪入山 12:38


IMG_1568-1.JPG
雪入山からの展望


IMG_1570.JPG
小さめのセミの抜け殻


IMG_1571-1.JPG
青木葉山(あきばやま) 樹林帯で展望なし


IMG_1572黒文字平から.JPG
黒文字平からくっきり筑波山


IMG_1573浅間山登山口.JPG
浅間山登山口 正月でもないのに紙垂(しで)が新しい。


頂上までは急登です。


IMG_1574.JPG
赤飯とお神酒が供えられています。


IMG_1575-1浅間山.JPG
浅間山 344.6m 13:21
後ろはNHK石岡テレビ中継放送所の通信施設。


IMG_1576浅間山から宝篋山.JPG
浅間山から宝篋山


IMG_1577浅間山から小町山.JPG
浅間山から小町山


いよいよ今日の目的「百体磨崖仏」に行きます。

浅間山を下って左に行くと「百体磨崖仏」の標識が見えてきます。
目印を見ながら薄暗い樹林帯を下って行きます。人はあまり歩いていないようですが目印はしっかりしています。


IMG_1578.JPG
「百体磨崖仏」に着きました。14:15


IMG_1588.JPG
百体磨崖仏、どこにあるの?


よく見れば
IMG_1579.JPG
僧乗海が手彫りした鎌倉時代の作といわれている線刻薄肉彫。
昭和38年8月茨城県の文化財に指定されている。


IMG_1580.JPG



IMG_1584.JPG



IMG_1585-1.JPG



IMG_1589.JPG
金堀穴址の上に梵字 
金堀穴は奥行き15m、狭くて水がたまっていて入れませんでした。


IMG_1590助六地蔵.JPG
助六地蔵
安永7年(1778)12月、名主の福田与惣衛門(助六)は、助郷の重荷に反対する百姓一揆の代表となり、禁制を犯して江戸屋敷へ強訴に及んだため打首獄門となった。助六の霊を弔い、その遺徳を後世に残すため農民たちは「助六地蔵」を建立した。

助郷(すけごう)
江戸時代に徳川幕府が諸街道の宿場の保護、および、人足や馬の補充を目的として、宿場周辺の村落に課した夫役のことを言う。
・・・Wikipediaさんより・・・


IMG_1596杉沢の滝.JPG
杉沢の滝


IMG_1597百体磨崖仏参道.JPG
百体磨崖仏参道


IMG_1598.JPG
順序が逆ですが参道を登って行くと百体磨崖仏に着きます。


上志筑北バス停ゴール 15:10

雪入山.png
今日の軌跡 今日の歩数:28346歩

行動時間:6時間37分 距離:12.2キロ 上り:644m 下り:647m

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 40

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

M
2020年08月08日 12:37
Masayanです。こんにちは、筑波山の姿はいいですね、以前はそれほどにも思っていませんでしたがいろいろな角度から眺めているうちに親しみのなかに端正な姿に愛着を感じています。富士山は端正で美しすぎて近寄り難い感じを持っています。小生富士登山の経験はありませんが遠目でみる姿と山頂のごつごつさの違い過ぎる姿にやはり登らずにおこうと思っています。富士山と女性は遠目に限るを身上にしています(失礼)
かっちゃん
2020年08月09日 16:51
Masayanさん
暑いですね。
子供の頃から筑波山を見て育ちました。
校歌にも「紫峰の峰」とうたわれてきました。
大きな山塊です。かっこいいと思います。
富士山はどこから見ても富士山ですが、筑波山は岩瀬の方から見ると双耳峰じゃなくなるんです。
富士山登ったことあります。きつかったです。
ご指摘のように富士山は登るより見る山かもね。
今年はコロナ禍で4つある登山道が閉鎖され登れなくなりました。
コロナ終息までは見て満足するしかありませんね。