伊予ケ岳~富山(とみさん)

1月23日(日)

房総のマッターホルン”伊予ケ岳”から八犬伝発祥の”富山(とみさん)”まで縦走しました。

岩井駅→平郡(へぐり)天神社までタクシー 2960円

コース
平郡(へぐり)天神社・・伊予ケ岳南峰~北峰~南峰・・富山(とみさん)北峰~南峰・・福満寺・・岩井駅

IMG_5189平郡(へぐり)天神社.JPG
平郡(へぐり)天神社スタート 9:09


IMG_5190-1伊予ケ岳.JPG
平郡天神社の背後に伊予ケ岳の岩峰が見えている。


IMG_5191-1.JPG



IMG_5194-1冨山.JPG
展望台から富山 9:42


IMG_5197展望台からの眺め.JPG
展望台からのスタート地点の平郡天神社が見える。


IMG_5199-1.JPG
急斜面をロープを使って一人ずつ慎重に登る。
一方通行なので下ってくる人がいるときは避けて待ちます。


IMG_5200.JPG
登ってきた急斜面を振り返る。


IMG_5203-1.JPG
伊予ケ岳南峰 336.6m 10:11


IMG_5202-1南峰から冨山.JPG
南峰から冨山

伊予ケ岳は双耳峰なので北峰にも行きます。

IMG_5205-1北峰へ向かう途中から富山.JPG
北峰へ向かう途中から富山


IMG_5206-1北峰への道.JPG
北峰への道


IMG_5207-1北峰への登り.JPG
北峰への登り


IMG_5209-1.JPG
北峰の二等三角点 10:25 南峰より高くて353m。


IMG_5215-1北峰から南峰.JPG
北峰から南峰
カメラを構えたおとーさんが立っている。


IMG_5214北峰から富山.JPG
北峰から富山

富山にまつわる民話
冨山北峰展望台に富山が双耳峰になった原因が書かれています。
「むかし、それも大むかしの話です。大太法師という大人(おおびと)が、上総の方から安房に向かって、のっしのっしと歩いてきました。そのとき大太法師は、砂で汚れた足を洗おうと、岩井の浜辺に立ち寄ったのですが、「ああ、眠くなった」と、三キロ離れた富山(とみさん)を枕に、大いびきをかいて寝てしまいました。
大太法師は、二十一日間も眠りつづけ、ようやく目を覚ましたのですが、そのとき、大勢の村人が足元で何かを相談していました。村人がどんな相談をしていたのか、大太法師には聞こえませんでしたが、やがて村人たちには、長い梯子(はしご)を持ってきますと、大きな足の裏に立てかけ、いっぱい付いている砂を落とし始めたのです。大太法師は、足裏がくすぐったくなって大笑いしながら、むっくり起き上がりました。
村人たちは、雲までとどいている大太法師の姿に驚き、いつまでも見上げていました。そのときから、枕にした富山は中がへこんで、峰が北と南にわかれ、岩井海岸は、大太法師の足の砂で、遠浅になったのです。」


IMG_5213.JPG
「祠 15m」とあるので行ってきます。


IMG_5211.JPG
祠 10:30 


IMG_5212祠から北峰へ戻る.JPG
祠から北峰へ戻ります。
ロープを使って登るのだが、なかなかタイヘン!

北峰から南峰まで戻り、富山方面に下ります。

IMG_5218.JPG
今頃何の花だろう?


IMG_5221-1.JPG
黒い実


IMG_5224.JPG
台風の爪跡 2019年台風19号が千葉県に上陸。
登山道は歩けるように整備されている。多分地元のボランティアの方が整備してくれたのでしょう。

下山したところで伊予ケ岳を見ながらランチタイム。

冨山の休憩舎までは1時間半の車道歩き。

IMG_5225-1.JPG
この時期、房総といえばスイセンです。!

歩いていると、民家のおとーさんが「いいもの見せてやるよ」と声をかけてきた。
以下はおとーさんちの庭の写真です。

IMG_5226-1フキノトウ.JPG
フキノトウ 「採っちゃだめだよ、見るだけだよ」ですって。


IMG_5227-1.JPG
まだ開いていないフキノトウ


IMG_5228-1河津桜.JPG
河津桜は咲き始め


IMG_5229-1.JPG
ピンクの梅


IMG_5230秋田のミズブキ.JPG
秋田のミズブキ でっかい!!


IMG_5231-1ロウバイ.JPG
ロウバイはもう終わりに近い。(ボケています、すみません)


IMG_5235マンリョウ.JPG
マンリョウ

おとーさんから夏ミカンを頂いてお別れする。

この時期、あちこちで夏ミカンがたわわに実り、房総の冬を華やかに彩っている。


IMG_5236-1.JPG
何だろう? 木に絡みついている。


IMG_5237水仙とソテツ.JPG
スイセンとソテツ


IMG_5239キンカン.JPG
キンカン鈴なり


IMG_5240-1.JPG



IMG_5241-1.JPG


車道を歩いて冨山の麓までやってきました。13:22

IMG_5244-1ヤブミョウガ.JPG
ヤブミョウガ


IMG_5247.JPG
さっき絡みついていたオレンジの実がぶら下がっている。
この辺りの殆どの木にこのツタが絡みついている。
木、枯れないかな?


IMG_5252休憩舎.JPG
休憩舎 13:44 ここからやっと山道になる。
さっきおとーさんから頂いた夏ミカンを食べる。疲れた身には酸っぱくて美味しかった。


IMG_5249-1.JPG
休憩舎には南総里見八犬伝に因んだ悌、孝、信、忠、智、礼、義、仁の八文字が。


IMG_5254-1.JPG
富山北峰 349.5m 14:01


IMG_5257-1.JPG
三等三角点


IMG_5259-1北峰展望台.JPG
北峰展望台
お天気が良ければ東京湾、大島、富士山などが望めるはずだが、今日は生憎です。

休憩舎まで戻り南峰に向かいます。

IMG_5261-1愛の鐘.JPG
愛の鐘
富山は平成11年(1999)2月5日、皇太子ご夫妻が登山されて、一躍有名になりました。
お二人が登られた後、富山は愛の山として広く知られるようになり、ここを目指して登るカップルも数多くいます。
・・・説明板より抜粋・・・


IMG_5263-1観音堂.JPG
観音堂
お守りする人がいないのでしょう。寂しげです。
菊花山の荒れ果てたお堂を思い出しました。
南峰のピークは観音堂の左側の高みですが、道はありません。


IMG_5267-1.JPG
道がないのでアスレチック状態、倒木を乗り越えていきます。


IMG_5266-1.JPG



IMG_5264-1.JPG
南峰 342m 14;28


IMG_5265-1南峰展望台.JPG
南峰展望台 樹林に囲まれて展望はない。
昭和56年に建設、手入れされていないようで屋根が剥がれたりしている。

福満寺まで下ります。

IMG_5268-1.JPG
名残りの紅葉

福満寺から岩井駅までは15:49の電車に乗るために速足で歩く。
乗り遅れると次の電車まで1時間待ちになるので・・・

岩井駅ゴール 15:42 間に合った。

房総.png
今日の軌跡 今日の歩数:24478歩
行動時間:6時間33分 距離:10.1キロ 上り:718m 下り:771m

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 102

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2022年02月05日 08:39
こんにちは。

2つセットで登られたのですね。
我が家は、別々に登りました。。
「祠」には気がつきませんでしたが、
気がつかなくて良かったのかもしれません。。
かっちゃん
2022年02月06日 22:54
おぎひまさん
こんばんは!
房総のマッターホルン、北峰にも登られたんですよね。
次回は是非「祠」にも行ってください。
狭いですが、見晴らしが良くて南峰や富山が良く見えます。
冨山では南峰の寂れた観音堂が気になりました。
千葉の山は2019年の台風の影響で登山道が崩れているところが多いです。
夏はヒルがいるから訪れるのは冬がいいですね。