岩船山高勝寺を訪ねて

6月17日(金)
栃木市の岩船山173mに行ってきました。岩船山には日本三大地蔵の一つに名を連ねる高勝寺があり、関東周辺の死者の霊魂が集まる地として信仰されています。かつてこの山では岩舟石が切り出されていました。2020年1月25日に続き2度目の訪問です。

東武静和(しずわ)駅・・・(ふれあいバス)・・・JR岩舟駅 
1日乗車券400円購入。

IMG_5774-1.JPG
JR岩舟駅 無人ですが掃除が行き届いてきれいな駅です。


IMG_5711-1.JPG
岩船山表参道
駅名が岩舟、山名が岩船でややこしい。


IMG_5712.JPG
石垣のところで見かけたサボテン


IMG_5714.JPG
600段の石段の始まり


IMG_5715-1.JPG
苔むした石段は人が歩いた形跡がない。
バスで知り合ったおばーちゃんによると、春秋の彼岸には臨時列車が出る程賑わったそうですが、今はどうなのでしょう?
この日は誰にも会いませんでした。

IMG_5716坂中地蔵.JPG
坂中地蔵 船の上にお地蔵さま、岩船山は船の形をしています。

頂上にある高勝寺は宝亀8年(775年)に弘誓坊明源によって開基。弘誓坊明源は大山寺の僧で、地蔵菩薩の霊夢を見て岩船山に訪れ、生身地蔵と謁見することが出来たため開基した伝えられている。・・・説明板より抜粋・・・


IMG_5720.JPG
草むらの石仏


IMG_5723.JPG



IMG_5724.JPG
ホタルブクロ


IMG_5726-1.JPG
石段を登り切って展望台広場を過ぎると、緑の中に朱塗りの三重塔が見えてきます。


IMG_5727-1.JPG
高勝寺三重塔
寛延4年(1751年)建立、高さ約19m 県文化財指定
下がっている枝は桜、花の時期に来たらいいだろうなと思いながら今になってしまいました。


IMG_5730-1.JPG
三重塔の右手から孫太郎本殿への石段を登って行くと、洋服を着た石仏が並んでいます。いずれも汚れていて気の毒です。


IMG_5731.JPG
一番きれいな服を着ている石仏です。


IMG_5732.JPG
林立する塔婆


IMG_5733孫太郎尊本殿.JPG
孫太郎尊本殿
孫太郎さんは武将らしいのですが、資料が焼失してしまいお寺の方も詳しいことは分からないそうです。(前回訪れた時聞いた話)

石段を下って孫太郎尊拝殿に向かいます。

IMG_5740-1百観音.JPG
百観音


IMG_5737-1孫太郎尊拝殿.JPG
孫太郎尊拝殿.


IMG_5736-1孫太郎尊拝殿内部.JPG
孫太郎尊拝殿内部 
「般若心経」と書かれたお札があり、天狗の面、烏天狗が見えます。換気扇がブンブン回っていました。


IMG_5739-1.JPG
扁額
「孫太郎」という文字の下は削れて読めませんが、奉納した人の名前は「星野留吉」と読めます。いつの時代のものなのか興味は尽きません。


IMG_5742-1奥の院.JPG
奥の院


IMG_5743.JPG
左の岩と対岸の岩はつながっていたが、3.11東日本大震災で崩落、対岸にあった奥の院はこちら側に移された。
前回訪れた時、鉄の「地蔵橋」が落ちているのが見えたが、今は撤去されていた。下を見ると怖い!


IMG_5746-1高勝寺本堂.JPG
高勝寺本堂


IMG_5747-1本堂.JPG



IMG_5748-1本堂.JPG



IMG_5749.JPG
百観音霊場


IMG_5751.JPG
血の池


IMG_5753-1鐘楼.JPG
鐘楼 18世紀頃に建立 県文化財
梵鐘は第二次世界大戦に供出されたが、平成15年に再興された。
・・・パンフレットより・・・


IMG_5756-1.JPG
享保9年(1724)に造られた大仏


IMG_5759-1山門.JPG
仁王門 享保2年(1742)4月建立 県文化財指定


IMG_5757改修前の瓦.JPG
縁の下に改修前の瓦


IMG_5763阿形.JPG
阿形


IMG_5762吽形.JPG
吽形


IMG_5761ロウバイ.JPG
仁王門前のロウバイの実


IMG_5764賽の河原.JPG
仁王門の正面にある賽の河原


IMG_5766西院の河原堂.JPG
西院の河原堂(俗に賽の河原のこと)

舗装道路の裏参道を下山します。

IMG_5768.JPG
赤い矢印が奥の院


IMG_5771石の資料館.JPG
石の資料館
岩舟石でできた建物で、岩舟石に関する資料が多く展示されていました。岩舟石の採掘は昭和30年ころが最盛期で、岩船山のまわりには36軒の石材店がありましたが、最後の方が亡くなって今は一軒もありません。・・・職員の方の話・・・

3.11東日本大震災前の写真が展示されていました。

IMG_5772-12000年の岩船山.JPG
2000年の岩船山 山が繋がっている。


IMG_5773.JPG
上の写真と同じ場所で撮った現在の岩船山 V字に切れている。

次回は「栃木はなセンター」につづく・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2022年06月26日 19:37
栃木県の岩船山高勝寺ですか、凄い秘境の霊場なのですね。
日本三大地蔵とはいえ、全く知りませんでした。
よくご存じですね。
その神聖で奥深い信仰の地を維持するのは大変だと思います。
修行の場でもあったのでしょうね。
だからこそ厳しい地形。それが地震で崩れたりして波乱万丈の歴史がこれまでもあったと思います。奥の院、凄いですね。

かっちゃん
2022年06月26日 22:10
ミクミティさん
岩船山を訪れるきっかけはV字に切れた異様な山容を見たことでした。
かつて春と秋の彼岸には臨時列車が出る程賑わい、出店もたくさん出ていたそうですが、今は信仰の地を維持するも大変なことと察せられます。
初めてお地蔵さんや塔婆を見た時、恐山を思い出しました。
岩舟石の削り過ぎが崩落を招いてしまったことは、採石で標高が低くなってしまった武甲山にも共通するものがあり複雑な気持ちです。
季節を変えてまた訪れたいです。