テーマ:海外

オーストラリア旅行記 キャンベラ

3月14日(木) 気温27℃ オーストラリアの首都はキャンベラです。政治と行政の中心地であり、ガイドによると何もないところ計画的に築かれた都市です。 国会議事堂 地下駐車場にバスを停めて入る。 横断歩道のマーク 分かりやすいですね。 上院 日本の参議院にあたるところ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オーストラリア旅行記 コジオスコ山 2228m

3月13日(水) オーストラリア大陸最高峰コジオスコ山に登ってきた。 ジンダバインからリフトのあるスレドボまでバスで移動する。 リフトでイーグルスネクスト小屋1927mまで15分の空中散歩。 風が強くて寒い。 イーグルスネクスト小屋スタート9:30 登…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

オーストラリア旅行記 ジェノランケーブ

3月11日(月) カモノハシ探し 宿泊したホテル AM6:30 ホテルから歩いて10分くらいのところにある「ブルーレイク」にカモノハシを見に行った。薄暗い中に3頭のワラビーがシルエットで見えた。ワラビーもカモノハシも活動するのは朝である。カモノハシは哺乳類で新幹線の先頭はカモノハシのくちばしがモデ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オーストラリア旅行記 ブルーマウンテンズ

3月10日(日) 気温28度 ブルーマウンテンズはオーストラリアのニューサウスウェールズ州にある国立公園で、「コーヒーのブルーマウンテン」とは関係がない。2000年に世界遺産登録された。 「ブルーマウンテンズ」の呼び名の由来は、ユーカリが発するオイルで遠くが青みがかって見えるためだそうだ。 リンカーンズ・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オーストラリア旅行記 シドニー

3月8日(金)から15日(金)までオーストラリアに行ってきました。 8日成田発16:30・・・(4時間)・・・香港・・・(9時間)・・・9日シドニー着12:00 3月8日(金) 雨が降ったりやんだり 、気温25度、シドニーは海沿いでカラッとしているかと思ったが蒸し暑かった。 ガイドは福島県出身の日本人…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

スペインの旅・モンセラ

4月24日(日) モンセラ モンセラは鋸山の意、モン=山、セラ=のこぎり、標高:1,236 m 日本でいえば妙義山みたいな山かなと想像して向かいました。 修道院中庭 黒いマリア様 その昔、羊飼いたちによって山の洞窟で発見された。もとは白かったがロウソクのすすで黒くなっ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

スペインの旅・バレンシア~タラゴナ~バリセロナ

4月23日(土) 最高気温25℃ バレンシア バレンシアはマドリード、バルセロナにつぐスペイン第3の都市で、「明るい」「晴れ渡った」という意味。添乗員から、パエリア発祥の地であり米どころだと聞いていたが、車窓から田んぼを見ることはなかった。日本ではお米というよりバレンシア=オレンジのイメージが強いですね。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

スペインの旅・グラナダ

4月22日(金)時々  最高気温25℃ アルハンブラ宮殿&ヘネラリーフェ庭園 アルハンブラとはアラビア語で「赤い要塞」の意味。世界遺産。 海抜800m。アルハンブラ宮殿はイスラム教徒とキリスト教徒の800年近い戦争の結果、イスラム教徒最後の砦となり、イベリア半島におけるイスラム王朝の歴史…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イタリアの旅・セテニル・デ・ラス・ボデガス~ロンダ~ミハス

4月21日(木)  最高気温24℃ セテニル・デ・ラス・ボデガス(アンダルシア地方) この長い名前の村はヨーロッパ美しい村30選のひとつです。 美しい村の選定条件は見た目が美しいのは当然だが、人口が1万人未満であること(約3,000人)というのがあってちょっと驚き 岩の隙間…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

スペインの旅・コルトバ~セビリア

4月20日(水) コルドバ 今日訪れるコルトバとセビリアは真夏は46~47℃にもなりスペインのフライパンと言われているところです。 お風呂が40~42℃だからもっと暑い!! 車窓からは暑さや乾燥に強いオリーブが栽培されているのが見られた。 グアダルキビール川に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スペインの旅・トレド~ラ・マンチャ地方

4月19日(火) トレド タホ川に隔てられたパラドール・デ・トレドからトレドの市街地 左は90mの鐘楼、中央はアルカサル(軍事博物館) 今日はあいにくの冷たい雨、旧トレド市街にはエスカレーターで上っていきす。 大聖堂 高さ30mの主祭壇 天井絵のマリア様 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

スペインの旅・マドリード

4月18日(月) スペイン観光に行って来ました。 成田・・・・・・ドーハ  搭乗時間11時間45分 ドーハ・・・・・・マドリード  搭乗時間7時間35分                   合計搭乗時間19時間20分 スペインは遠かった!{%げっそりwebr…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

バリ・ケチャダンス

ウルワツ寺院の中でバリ伝統舞踊「ケチャダンス」を観賞しました。「ケチャックダンス」とも言われています。 バリに来て初めて海を見ました。 インド洋の荒波が打ち寄せる70mの絶壁 絶壁の上は遊歩道になっていて歩くことが出来ますが、暑くて暑くて日陰で息を殺していました。16:20 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

バリ・世界遺産タマン・アユン寺院&ジャティルウィの棚田

タマン・アユン寺院(世界遺産) バリ島で一番美しいといわれるタマン・アユン寺院を訪れました。 ここが入り口、インドネシア人のガイドは何の説明もしないので、時系列で写真をUPしました。ご覧ください。 世界遺産登録のモニュメント 2012年に登録された。 割れ門 バリ島で一番美しいといわれるだけあって、この寺院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリ・ゴアガジャ遺跡

ゴア・ガジャ遺跡 ゴア・ガジャは「象の遺跡」という意味だが、バリ島に象は生息していない。11世紀に造られたものだといわれ、1923年ヨーロッパ人に発見された。 それでは「ゴア・ガジャ遺跡」の見学に行きましょう。 ティルタ・ウンプル寺院の見学には黄色い腰紐を結びましたが、ゴア・ガジャ遺跡は青の腰紐です。 駐車場から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリ・ティルタ・ウンプル寺院(世界遺産)&テガラランの棚田

ティルタ・ウンプル寺院(世界遺産) 10~14世紀に栄えたワルマデワ王朝の遺跡で、バリ島の数あるバリ・ヒンドゥー教寺院の中でも由緒があり「聖水の寺院」として知られています。泉から聖水が豊富に湧き出ており、沐浴場として有名で、 ティルタは水の意味、ウンプルは聖なるの意味です。 バリで一番大きいガジュマルの木 割れ門の中、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

バリ・ウブド散策

日中は暑いので夕方になってからウブド散策に出かけました。 モンキーフォレスト通り ウブドはバリ観光の中心地で商店が多くあります。バイクの路上駐車も多いです。 民家の庭には「鉄の日」の飾りのついた車が止まっています。 表通りを一歩外れると、一転して水田が広がっていました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バリ・鉄の日

5月16日(金) 鉄の日 バリ・ヒンドゥー教では鉄でできた品物にお供えをして感謝をする日があります。バリでは1年が365日ではない、210日周期のウク暦という特殊な暦に沿って、このようなお祭りごとが行われます。 偶然、ホテルの駐車場で車やバイクにお供え物をしているのを見かけました。 この方はお坊さんです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリ・アグン山 3142m

バリ島最高峰アグン山に登りました。 アグン山は成層火山で、最後の噴火は1963~1964年であり、依然として活動を続けている。最後の噴火の時、火砕流、溶岩が周囲の集落を破壊し死者は1600人以上に上り、数千人が家を失い、大量の噴煙により世界中の気温が低下することになった。 5月14日(木) ペングブカン寺院登山口(標高928m)…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

バリ・バトゥール寺院(世界遺産)

バトゥール寺院(世界遺産) バトゥール寺院はバトゥール山のクレーターを見下ろすバトゥール村にありヒンドゥー教の寺院です。 1917年と1926年のバトゥール山の大噴火より、寺院は大きな被害を受けました。1926年、バトゥール湖畔から現在の位置に移すことが決まり、オランダ植民地政府の協力を得て、村ごと移動し現在のバトゥール寺院が出来ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリ・バトゥール山(1717m)

インドネシア、バリ島へ登山&観光で行って来ました。 写真の整理がようやく終わりましたので順次UPします。 5月14日(木) バトゥール山はバリ島北東部にある活火山で1917年と1926年に噴火しています。 登山口でガイドさんと待ち合わせて、バトゥール山登山開始  3:35  標高1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北イタリアの旅 7/7

11月22日(土) ヴァチカン市国 世界遺産 ヴァチカン市国は世界で一番小さな国で、カトリックの総本山です。1929年独立。0.44k㎡(皇居の1/3) 入国はパスポートは不要、手荷物検査のみ、リックサックの持ち込み禁止。人口は900人、聖職者のみ、聖職者は結婚できないので生まれることはないが、人口は変わらな…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

北イタリアの旅 6/7

11月21日(金) 昨夜泊ったのはアグリツーリズモの「農場経営型宿泊施設」、イル・ピッコロ・カステッロ、新しくてきれいで気配りがあってなかなかよかったです。 ティッシュの箱とか置いてあったの初めてです。 アグリツーリズモの糸杉 アッシジ  世界遺産 アッシジは1182年、聖フランチェスコが生まれた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

北イタリアの旅 5/7

11月20日(木) 5日目はフィレンツェ・・・ピサ・・・サンジャミーノ・・・シエナ・・・モンテリッジョーニまで移動します。 ピサの斜塔 フィレンツェ  アストリアホテルの天井 フィレンツェ アストリアホテル 早起きしたので駅まで散歩に行きました。 6時はまだ真っ暗ですが寒くありま…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

北イタリアの旅 4/7

11月19日(水) 4日目はフィレンツェ観光です。世界遺産 フィレンツェは多くの芸術家たちの手によって花開いたルネッサンス発祥の地です。 メディチ家コジモ1世の像 フィレンツェは街の中心を流れるアルノ川周辺より栄えてきましたが、財政、芸術の両面で力をふるったのがメディチ家で、とりわけコジモ1世(16世紀…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

北イタリアの旅 3/7

11月18日(火) 3日目はヴェネツィア・・・ラヴェンナ・・・フィレンツェに移動しました。 ヴェネツィアのホテルからサンマルコ広場の大鐘楼が見えました。 8:30ホテル出発・・・バス・・・ラヴェンナ着12:10 ラヴェンナ 昼食はアグリツーリズモのレストランにて。 アグリツーリズモとは「農場経営…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

北イタリアの旅 2/7

11月17日(月) ヴェネツィア 2日目は世界遺産にも指定されている「水の都」ヴェネツィア観光です。 ゴンドラ乗り場を通り過ぎてサン・マルコ広場に向かいます。 サン・マルコ広場から大鐘楼 ヴェネツィアは木の杭の上に人工的に造られた島なので地盤沈下がひどく、サン・マルコ広…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

北イタリアの旅 1/7

11月15日(土) 成田11:30・・・・・・15:10アムステルダム17:05・・・・・・ミラノ18:45 搭乗時間11時間40分+1時間40分=13時間20分 時差8時間 11月16日(日) ミラノ 第1日目はファッション情報の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

トルコ周遊8/8

4月12日(金) 最高気温23℃ イスタンブール市内観光です。 カーリエ博物館 5世紀の初めにコーラ修道院として建てられ、その後イスラム寺院として使われていました。 13~14世紀に描かれたモザイク画は漆喰で塗りつぶされていましたが、20世紀中ごろアメリカ・ビザンツ研究所の調査で発見されました。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

トルコ周遊7/8

4月11日(木) 最高気温20度 チャナッカレからイスタンブールまで移動しました。 チャナッカレから観たエーゲ海の夕陽 19:43 ラプセキ港からカーフェリーでダーダネル海峡をヨーロッパ側へ渡りました。 カーフェリーからラプセキ港(アジア側)を見る。 カーヘェリーはゲリボル港到着     …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more