テーマ:

東北の旅 弘前公園

4月18日(日) 弘前公園 弘前城は慶長16年(1611)から廃藩に至るまでの260年間津軽氏の居城でした。 明治28年(1895)、弘前公園として開放され、昭和25年(1952)に史跡に指定されました。 弘前城の総面積約49万2000平方メートル、昨日訪れた秋…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

東北の旅 秋田市

4月17日(土) 角館から秋田市にやってきました。 秋田駅 なまはげ 秋田駅 竿燈 今日は朝から雨が降っています。 秋田市民俗芸能伝承館「ねぶり流し館」を訪れました。 竿燈(かんとう)の起源といわれる七夕行事「ねぶり流し」にちなんだ愛称の民俗芸能伝承館で、竿燈や土崎神明社祭の曳…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

東北の旅 角館2/2

4月16日(金) 角館 1/2の続きです。 桧木内川(ひのきないがわ)の両岸には、2キロに渡ってソメイヨシノの桜並木が続いています。 桜のトンネル 土手には水仙が咲いています。 先ほど登った古城山 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

東北の旅 角館 1/2

4月16日(金) 刺巻湿原からバスで角館に行きました。 安藤味噌醤油醸造元 創業嘉永六年。常陸(現在の茨城県)まで出向いて研究し、品質の改良に努めたそうです。(店員さんの話) 煉瓦造りの蔵は東北地方で最古のものであり、仙北市指定有形文化財に登録されています。 蔵の扉  重厚、…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

桜紀行 黄門桜~飯高寺(はんこうじ)

3月30日(火) 旭市の大原幽学遺跡史跡公園から匝瑳(そうさ)市の黄門桜、飯高寺(はんこうじ)を訪れました。 黄門桜 匝瑳市指定天然記念物 黄門桜の名の由来 元禄12年(1699)水戸光圀が飯高寺を訪れた際、佐原より当地までの間に桜、松を植えたという記録が残っていたことから、地元の人により「黄門…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

桜紀行 鎌数伊勢大神宮~袋公園

3月30日(火) 昨夜は朝日が美しいといわれている一宮海岸近くの宿に泊まりました。あいにくの曇り空で美しい朝日は望めませんでしたが、朝食前に海岸に散歩にいきました。 防波堤に打ち寄せる波 波間にはサーファーの姿が・・・ 一宮海岸は2020年東京オリンピックのサーフィン競技会場です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜紀行 軍荼利山(ぐんだりやま)

3月29日(月) 観明寺と玉前神社にお参りした後は一宮駅から電車で東浪見(とらみ)駅まで行きました。 千葉県一宮町にある軍荼利山は標高約75m(70m、73mと諸説あり)の丘陵です。初夏の陽気の中、桜と芽吹きを楽しんで歩きました。 コース 東浪見駅・・・偏照寺・・・軍荼利山…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

桜紀行 観明寺~玉前神社

3月29日(月) 吉高の大桜から一宮町に向かいました。 一宮町の釣ヶ崎海岸は2020年東京オリンピックのサーフィン競技会場です。 観明寺 天平6年(734年)僧行基の開基、慈覚大師の中興と伝えられています。 四脚門 町指定文化財 江戸初期の建築で現存の建造物では町内最古。  石段の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more